映画・テレビ

ポアンカレ予想が証明された番組を見た

昨日、ポアンカレ予想とその難問を廻る数学者の努力と苦悩、天才的な数学者による思いも寄らない証明のされ方、中身は判らない点も多かったのですが、なかなか面白く見ました。あまりに熱中して証明に人生をささげてなお、なしとげなかった人も。目標にたどりつけそうで、たどりつけない無限ループとも。

しかし、100年越しの難問をトポロジーでなく物理や積分などを使って解いてしまった学者も、その後ノーベル賞を受けながら失踪するなど不可解な行動に。数学の魅力と魔力を見るようでした。

番組中で紹介されていたポアンカレ予想は、宇宙にロープを掛けて引いたとして、引っかからずに回収できたら少なくとも宇宙は丸いといったもの。あれ、持っている本で別の記述を見た記憶が。。

と探してみたら、1971年に買っている、マーチン・ガードナー著、金子務訳「100万人の相対性理論」。この本で紹介されていらのは、相対性理論の原点と言うか、ある日突然回りのすべてが1000倍も大きくなっても、絶対的に計るものがなければ証明はできないというもの。ウラシマ効果とか重力場とか、SF心をくすぐる書き方で、面白く読みました。 

エントロピーについての話の、都筑卓司著「マックスウェルの悪魔」も、分子をより分けることが出来る悪魔の話、永久機関の話やジーンズの奇跡の話などSFぽくて、これも図書館では飽き足らず購入してしまいました。

100manninno_soutairon

今では相対性理論も完璧ではないと証明されたり、ワープ航法の否定などSFの夢が否定される部分もありますが、数式は一向に判りませんが、宇宙論はやはり浪漫を感じます。前記2冊も、日進月歩の進歩に対応して手を入れたものや新装版がでていました。

相対性理論が驚異的によくわかる (100万人の相対性理論に新理論を加筆修正した感じ)

その他、マーチン・ガードナーの本は、サム・ロイドのパズル百科(3)全3巻も面白く、本棚にまだとってあります。

ところで、表題の番組ですが、後半難しくて寝てしまい、録画したのでもう一度見直したのですが、やっぱり難しかったという。。 ^_^;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇宙大作戦(STAR TREK TOS)再放送中!

STAR TREK TOSはNHKのBS2で放映中。デジタルリマスター版で、色鮮やかに蘇りました。
検索したらスタートレックの日本での公式サイトもありました。
DVDBOXの特典がインターコムとかフェザーだと食指が動くのですが。。(^_^;)

STAR TREK The Original Story は、アメリカでは1966年に放映開始。
私は日本で放映されて何年か経った、再放送の17時台で見ました。

邦題の「宇宙大作戦」は「スパイ大作戦」と同じノリですね。
声の出演も、スパイ大作戦でジム・フェルプスを担当した若山弦蔵さんがナレーション。
「宇宙、それは人類に残された~」という渋い声のナレーションとともにエンタープライズ号が迫ってくるオープニングは、印象的。カーク船長の矢島正明さんやスポックの久松保夫さんの声も素敵でした。
今は副音声で役者さんの本来の声を聞くことが出来て2度美味しい!

私が見た時点では、日本でも怪獣物がテレビ放映されている頃、特撮の方は驚きは少なかったですが、現実でも宇宙に飛び出したばかりの年代。インターコムで「転送!」と命令するとテレポートするとか、注射が圧力式で針が無いとか、細かいディテールが凝っていて、今見ても面白い。
インターコムの通信は21世紀を待たずに携帯電話で実現したけれど。。

7月22日から、日曜の深夜2:15というか土曜の26:15という深夜にやっているので、初回録画忘れて見逃しました。29日のは1960年代のアメリカ(のような数百光年離れた星)が舞台で、大人になると凶暴化して死んでしまうウィルスに感染した星で子供相手に船長が四苦八苦。定番のスポックとマッコイの掛け合いの口げんかもありつつ大団円。特撮はあまり無い回でした。ウラとミスター・カトウも活躍なし。

一番好きな回は、第二シーズンの「The Trouble With Tribbles」。愛玩動物のモコモコのトリブルが大繁殖してクリンゴンも絡んで大騒ぎ。放映が待たれます。

ついでにヒッチコック劇場も懐かしかったので続けて録画しちゃいました。
こちらは、夜見るとサイコのような心理的な恐さが増します。
後ろに誰か居るような。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK、趣味悠々に荘村清志さん出演中

ろーらんさん、情報ありがとう!

既に4週目ですが、「荘村清志のギターで世界の名曲を」見ることができました。
ミニコンサートの「オーバー・ザ・レインボウ」荘村清志さんならではの、曲の心が感じられるような雰囲気のある演奏で、間の取り方も絶妙、素晴らしかったです。

次回からも気になったので、私も荘村ファンになるきっかけの、ずっと前にNHK教育でやっていた「ギターをひこう」以来の、テキストを買いました。


こんなアルバムも出ていたの知らなかったし。

で、まずはギターケースを掃除機で掃除して、ギターを布で拭いて、恐る恐るネックの反りを確認。幸い弾かなくなるのを予想してか、弦を緩めてあり、とりあえずは演奏出来そう。そして弦の表面のさびも布で拭いたら大丈夫そう。音感が怪しいので、チューニングにはデジタルチューナーを使います。

久しぶりに弾いてみると、、先週やっていたスラーどころか、指の移動が全くスムーズに移れない。これは、また単音からのレッスンが必要みたいです。

よくある話ですが、私はセーハで挫折した口。
指が短いから仕方ないと放ってあったのですが、ギターをひこうの何人目かの講師で、指の長そうでない方が華麗に弾いていてショックだったものです。やはり練習?(^_^;)

Guiter_hikerukana

最近は音楽って聴くばっかり。楽譜の読み方も怪しくなって、最初からでなく、曲途中に単独に付いたシャープ・フラットって、その音符だけだったか、後にナチュラルが出てくるまで続くのだったか忘れた。
どこかで楽譜の読み方を再学習出来るサイトを探さなければ。。

最後に、趣味悠々のサイトをリンクしようとしたら、NHKのリンクポリシーを読むと、トップページ以外リンクするときは連絡しろと。受信料を取っているのにひどい。。キーワード検索してください。
番組は9月5日まで教育テレビ水曜10時から放送するようです。

その時間はココリコの番組など、フジ系を見ていて気づかなかった。
見損なった3回は、終わってから深夜帯にまとめて再放送するのを待つしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ絵本で「まっくら森」放送

今朝、暗いニュースの連続に嫌気がして、チャンネルをザッピングすると、(大概、どのチャンネルも同じようなニュースなんですけど。。)NHK教育のテレビ絵本に目が釘付け。
大好きな本橋靖昭さんの絵が!しかもまっくら森。

途中からしか見られなかったのですが、本橋さんの幻想的な絵の世界の持ち味を壊さない程度のアニメーションと静かな語り口のナレーション。雰囲気が良く保たれていました。

時間制限があって難しいとは思いますが、まっくら森の住人が主人公を見て、食べられるかどうかひそひそ話しをする場面をアニメーション化して欲しかった気が。

テレビ絵本は、意識して見た、「あらしの夜に」と「ルドルフとイッパイアッテナシリーズ」以外は、テレビを付けていないことが多い時間帯というのもあり、最近全然見ていませんでした。ひょっとして氏の前作「つきよにごようじん」も前に放送されてないか、と思いました。まっくら森も半分見逃したので、リクエストで別の時間帯に再放送してくれないかな。

絵本の文を書いたNHKの利光晋世さんは、みんなのうたを担当していた時、まっくら森の歌の他、不思議なイメージで今もファンが多い、メトロポリタン美術館やキャベツUFOなどを世に出した方だそう。

まっくら森

楽天で調べたら、現時点で「つきよにごようじん」と「つきよのかえりみち」は在庫なし。

現実でも、初夏の月夜の森を歩くのは、フクロウのホッホーやヨタカのキョキョキョ、トラツグミがヒョ-、闇の中に命が息づいているのが伝わってわくわくします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)