心と体

52回目の献血と51回目の結果

2009/02/03に51回目、2009/02/26に52回目の献血したのでメモ。

* 51回目は初めて血小板献血ができた。 happy01

血小板はそんなに保存できないそうで、医療機関からの要請が無い時には、献血前の簡易検査の濃度が足りていても血漿だけの場合もあるとのことだが。。私の場合、呉服町通りで血液ピンチの看板が出ていたら寄るパターンが多いので、単に濃度が足りずに血漿の成分献血になるもよう。

ともかく、たまたま濃度が足りていて、血小板の成分献血。水泳後に行ったせいか体が冷えて血行が今一だったみたいで、血液を戻す時に衝撃が体中に伝わるのが気持ち悪かった。血小板の方が献血そのものだけでも1時間くらい掛かるので、時間のある時でないと。血漿だけなら40分くらい。

成分献血は一旦400mlづつ機械の中に全血を取り込み、血漿や血小板などを抜いて、赤血球などを体に戻すのを3-4回位。雑誌を持ち込もうとしたら、DVDにするよう言われたので、手近にあった「ALWAYS・3丁目の夕日」を。テレビで半分見ていたので早送りしながら全部見た。

途中で腕に当てていたゆたんぽを増強してもらい、ほかほかのまま終了。

記念品は↓の50回記念の時と同じタオルを選択(グラスは50回記念品)。

Kenketukinen_50kai

* 52回目は血漿のみ

今回も血小板ピンチとのことだったが、濃度が足りず血漿のみ。

問診の先生がちょっとピリピリしていて看護師さんに注意してたり、こちらの血圧も上昇。また腕に湯たんぽを当ててもらい献血。DVDは「NANA2」土屋アンナがクール。もう一人の方はバラエティなんかで見ていると違和感が。DVDを見やすいように背もたれを起こし気味にしていたら、頭がぼーっとしてきたので倒してもらう。看護師さんがスポーツドリンクを持ってきてくれる。やはり終わってから計った血圧は90台-60でした。

充分休んで甘いお菓子を食べ、飲み物も飲んで復活。記念品はタオルも同じのになるので洗剤にしました。写すほど変っていなく、紙箱入り粉洗剤の半分よりちょっと少な目の容量のです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一瞬スプラッタ

スチールメジャーで指先がスパッと切れて。。

非常に痛いのと、みるみる血がタラーと流れ落ちてきた。


しばらく押さえて止血していたらなんとか止まったようだが、

一瞬、横浜のGOTH展で見た、血のしたたる指先になってしまった。coldsweats02


やっぱり、洋裁用のメジャーの代用にするのはまずかったか。

弾力があるので曲線の形状によっては便利に使ってしまいます。


何か触るたびに痛くて、鬱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道でダニーちゃんに咬まれる

2007/6/2-7まで旅行。
その内4日間は北海道、ウトナイ湖や利尻・礼文、天売島へ。

で、帰って着替える時に腕の外側の見えないところに違和感が。
痛くないけれど、触ると指にかさぶた状の薄い物体があたる。

翌日、明るいところで鏡を使って確認すると、見えている部分だけで5mm以上の大きなダニ。それが、頭の部分をほとんど皮膚の中に潜らせて、がっちりと食い込んで。。ギャー!

見つけたとたん、体中鳥肌が立ってしまいました。
友人に聞いた所、静岡付近の山で付いたのは自分ではずせたとのこと。
しかし、軽く引っ張ってみたり、水につけたり、氷をつけたりしてもはずれない。
そもそも、北海道にいる4日間、毎日温泉や風呂にも入っているので、動く気配もないし食い込んだまま死んでいるよう。腐ると化膿するといけないのでどうしよう。

厚生労働省のサイトで調べたら、北海道はツツガムシ病(潜伏期間5~14日、熱や発疹)の危険地域では無いそうなので一安心。(追記:寒冷地ではその代わりに、ライム病が心配されるそう。潜伏期間が3日位で、腫れてインフルエンザ様症状が出るとのこと。)ダニを自分ではずすと病原菌を持っていた場合、体液が人間の体内に入る可能性があるので、外科を受診して切除してもらうのが無難そうに書いてありました。(別サイトでは皮膚科となっていた。)すぐに近くの外科へ。

私の住む所は住宅街だが、車で5分ほど走れば水田がぼつぼつある環境。
こんな症例は珍しくなさそうですが、意外にも初めてとのこと。
静岡って案外”都会”なんだよと先生も言われていました。

キシロカインか何かの注射で軽く麻酔して切開する段になると、先生が、「あれー!これまだ生きてるよ。足が動くもの!」と。散々服でこすれたり(さすがに北海道なのでずっと長袖を着てました。)、温泉や風呂に浸かったりしてるのに、すごい生命力で私もビックリ!さすがにお腹が平で血は吸えるほどの力は残っていなかったようでほっ!

先生が、カルテに貼り付けたのを記念撮影していけば、とおっしゃるので。
セロテープが光って見えにくいですが、9と6の日付印の真上くらいの物体。

Hokkaidou_dani

実寸に近いと思われます。

三宅島でヒルに咬まれた時以来の「帰ってからビックリ!」でした。
その時は、帰りの新幹線で靴下が湿っている感じがして触ったら血だらけ!
ヒルは血を吸う時固まらないようにする物質を出すらしく少しづつ出血したらしい。

ヒルは吸血したら落ちちゃうので、実物を見た気持ち悪さは今回が初めてでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体調わろし

先週の金曜日、出先のゴムの敷物がたわんでいるところでつまづき、
ヒザをつき、壁に腕を突っ張って支え、転ぶまでは至りませんが。。

日曜の探鳥会で歩いたら、わずかに足を引きずります。
足首のダメージで腰椎の旧悪が再燃して、ヒザから腰に来たか?

特に首はひどくて、月曜から両手しびれていました。
金曜の今になっても肩甲骨の真ん中から首の付け根あたりが痛い。
くしゃみをすると背中から圧迫されるようで「ウッ」と声が出てしまう!

昨日も野鳥の会の例会もそこそこに帰り寝ていました。
寝ていても痛いし、寝返り打ちにくい。眠れず。
手の痺れは若干良くなってきましたが、
まだ指から首まで時々痛みが走り、頭痛がします。

ジムにも行ってみましたが、肩は回るので40肩では無さそう。
ただ、いつもの鉄アレイが持ち上がらない。痛い!
もう、神経系のトラブルは年々直りにくくなって嫌ですね。

首は波及する部位が多いので本当に気をつけなければ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひどい風邪にかかりました

思えば行きの11日からなんか体調不良で食欲なかったのですが。。

小笠原クルーズのオプショナルツアーで。。
シュノーケリングして、濡れたままホエールウォッチング。
ウェットスーツは着てましたが、髪が濡れて寒い。

すっかり風邪を引いて、帰りの船から高熱、咳もとまりません。
気道が下まで腫れて痛いので気管支炎も併発しているらしい。。
と本館に書いてから数日、探鳥会の幹事なのに行けずに迷惑をかけ、
ひたすら家で養生して、今日やっと医者に行きました。

折りしも花粉症やインフルエンザの時期。患者も多く、病院に”行って”、”待合室で待つ”のに体力がいるのと合併症をもらって来ないように。(自分がインフルエンザでないのも明白なので。。)耳鼻咽喉科で体温を計ったら全く平熱。治りかけていると言われましたが、急に咳が出て止まらなくなるのや、のどが痛くて食物嚥下に苦しむので、薬を処方してくれました。

急に咳が出ると、食物を誤嚥して気管が再度悪化する危険もあり、あなどれません。吸入をしている最中にも咳き込む。涙と鼻水も止まらず苦しい。しかし熱も下がっており、肺炎や重篤な気管支炎は避けられたらしい。

処方の飲み薬はフロモックス、ロキソニン、フスコデすべて錠剤。
嗽薬はイソジンガーグル。

既往症の花粉症も診察してもらったが、少なくとも今年は鼻には症状が出てないとのこと。喜ばしい報せだが、「今年は目に来ています。」と指差したら納得されてしまったほど重症。目が充血して真っ赤。。

続いて眼科に行き、花粉症経過診察と抗アレルギー剤の点眼薬を処方。
上記2件分を薬局でもらった時点で、すっかり午後潰れていました。
県庁前の外堀には早くも提灯が飾られていましたが、桜はまだつぼみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼科に行く

今年は去年よりだいぶ花粉が少ないはずなのに、症状は今年の方がひどい。鼻はマスクで防御できるけれど、目は花粉用のグラスは無理。。通常メガネかけていないと怖くて外を歩けなくなってしまいます。

ここしばらく目かゆいなと思って花粉症の点眼薬を使っても直らないどころか、かゆみや目やにがひどくなって眼科へ。花粉症の人で混みあっていました。40分ほど待って中待合に呼ばれる。

まず、検査から。道路の先に気球が飛んでいる映像がぼやけたりはっきりしたり。。ピント調節機能の検査かな?次にCで(何環って言うのだっけ?→調べたら、ランドルト環)視力の測定。両眼ともあまり良くないなあ。免許の更新の時もぎりぎりだったし。。続いて眼圧の測定、パシュッと風圧を感じる測定器。片眼やや高かったそうで、医師の問診、目視診察、に続き眼底検査。そろそろ年齢的に他の眼の病気も心配だったので、眼底のフラッシュ撮影で大きな問題がなくて一応ほっとする。(画像は気持ち悪いけど。。)

で、、診断は今日のところは結膜炎。点眼薬を2時間ごとに。感染症の疑いが強いと、かゆいのに触っちゃいけないというのもつらいものです。

花粉症は時として他の病気を隠してしまうので皆様もお気をつけください。
防衛機能の落ちた粘膜は、インフルエンザ等も侵入しやすいのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あおば献血ルームへ

前回からちょっと間があいてしまったので、ちょっと前に献血に行った。
静岡市葵区呉服町の辺、詳しい場所などは前回の記事からリンクしてます。

今回は、血圧を先生が計ったら170でびっくり!と、検査用血液を採血して計りなおすと140台に、さらに血漿採決後では120くらいに。先生が若くなっていたから?

さて、今回のDVDは「ブリジットジョーンズのきれそうな365日」を選択。結構面白そうかなと思ったのですが。。もともと綺麗だし、弁護士の彼?ぜーんぜん切れそうじゃないじゃん!と思いつつ早回しで見る。(採血時間は40分弱)前回詳しく書いたので様子は割愛するとして、心電図もとってもらい得した気分です。

で、今回の記念品はこれを選択。
Kenketukinen

そして、自分にごほうびは、「順孔」のケーキと思ったら、経営者が変わったようで、がらっとイメージチェンジして見た目重視になっていました。味は前のと違いあっさりめです。

Junkocake

あおば通りに戻ったら、イルミネーションが綺麗でした。
今年は青が流行で、ちょっと地味目です。

Aobadoori2005

でも、常盤公園まで続く光の道はデートコースとしても、ロマンチックかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)