« 2010年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2010年6月

3月に読んだ本

* うすうす知っていた   田辺聖子

短編集。梢は「将来はお嫁さん」が、そのまま大人になったような女。
結婚したい症候群の彼女と正反対に、妹はバリバリのキャリアガール。
しかし、結婚を夢見る彼女を差し置いて妹が結婚を決めてしまった。
彼女の中で複雑な思いが渦巻く。。他、男女の機微や騙し合いなどを描く5編。

今更ながら、関西の女を描いたら、この方の右に出るものはないと思いました。

* 神話列車殺人事件 西村京太郎

トラベルミステリー。1983年初版刊。探偵の日高は、同僚の女性と結婚。
彼女の希望で高千穂に新婚旅行に行くが、花嫁が途中で消える。

警察も真剣になってくれず、失意の内に職場に戻った彼だが、出雲に
新婚旅行に向かう途中の列車で花婿が消えた女性からの依頼を受け、依頼者と
寝台列車出雲で調査に向かうが、殺人事件に巻き込まれる。
花婿の足跡を追う内、自分の妻の失踪と神話によって繋がりがあると知り、
再び九州へ向かうが、手を引けと脅迫メッセージが。。

最後で主人公が寝台列車出雲でビールと定食を注文する場面があるが、
宍道湖の夕陽を見ながら食事って優雅だなと。9月だと日没と微妙か?
3月ダイヤ改正で北陸も廃止、寝台列車も少なくなりました。。

* 本所深川不思議草子   宮部みゆき

本所七不思議に擬え、岡っ引きの回向院の茂七親分が活躍する、7つの江戸人情話。
「片葉の芦」は、料理屋の娘にほどこしを受け、家族共々窮状を助けられた少年だが、
娘の父の厳しい言葉で貰えなくなる。成長して蕎麦屋に奉公する彼、ほどこしを受けた
お嬢さんが父親殺しの嫌疑を掛けられたと知り、義憤から調べ始める。
厳しくて金にうるさい料理屋主人の本当の顔が見えた時、誰が正しかったか知る。。

物を与えるだけのほどこしと人助けの違いが考えさせられる話。

* こいしり   畠中恵

お江戸人情話&ミステリー。「まんまこと」で幼馴染のおゆうと許婚のお寿々の間で揺れる、
町名主の息子の麻之助だったが、おゆうは人の妻、やっとお寿々と結婚の日が、おゆうの夫が
亡くなり、またしても微妙な雰囲気。。百物語の話では、遊び人の彼にしては珍しく、
悪党を罠にはめ、アクションシーンも。

幼馴染も男女だと、自分の前で親しく話されては妻は心穏やかでないかも。

* 池袋ウェストゲートパーク Ⅶ Gボーイズ冬戦争  石田衣良

池袋の果物屋の息子だが、警察やギャングや組とのつながりを持ち、池袋のトラブルシューターとしての顔が
有名になったマコトには今日も難題が持ち込まれる。

Gボーイズの王、タカシに次ぐヒロトの派閥のチームが次々に襲われた。ギャング内抗争と思われたが、
池袋の裏の利権進出を狙う新手の組が関わっていた。人脈を駆使して調査するマコトだが、敵がやとった
アサシンの「影」が襲ってくる。昔の事件の関係者の復讐もあって窮地に陥る彼だが、打開策はやはり
人脈と頭脳戦。

マコトも組の若頭のサルもギャングの王タカシも、男だけで花見など、心の底では育った街を愛している。
しかし、武闘派の3人の花見、傍目には怖い眺めに違いない。

* 池袋ウェストゲートパーク Ⅷ 非正規レジスタンス  石田衣良

社会派の色彩が強い作品群。気風のいいマコトの母親が依頼人になり、シングルマザーを風俗への罠から救う話では、
マコトの母親の過去の苦労話も少し。表題の作品は、問題になった日雇い派遣の労働者のユニオンを作った女の子
からの依頼。ユニオンメンバーが襲われた事件の潜入捜査で、倉庫の荷運びと掃除に。普段は果物屋のさえない店番で、
自分が社会の底辺と思っていたが、もっとひどい世界を知る。法律違反の証拠を掴んで社長に対峙した時、依頼人の彼女の
意外な正体があかされる。

どんな事件に関わって居る時も、果物屋の仕事はしっかりやる彼。暴力や陰謀の黒い話の中、店にハッサクやイチゴを並べて
クラシックを聞く風景が、一服の清涼剤。

* 絵小説   皆川博子

人魚のような美しい女と出合った幼児が、同じ顔のマネキンを見て驚愕する話や、転生の記憶がある女が
15までの生の中で経験する同じ男との様々なシーンでの出会い、など、不思議な大人の絵本。
宇野亞喜良の幻想的な絵とお話がマッチして印象的。

* 愛のいない部屋  石田衣良

神楽坂のハイソな高層マンションに住みながら、満たされない思いを抱える人々を描く。
池袋~とは違い、大人の愛や悩みが引き起こす悲劇。作者さんには珍しく、結末が
バッドエンドのが。やっぱり個人的には池袋~のシリーズの方が共感できる。

*****           *****          *****

去年12月下旬に実家で緊急事態発生後、介護認定が済んで事態は好転しかけたが、3月中旬にさらなる緊急事態発生、そして4月には介護に当たっていた側が亡くなる最悪の事態でこちらには書き込めなかった。バスで通っていたので、本は読めたのですが。。なので、3月は画像で紹介できる近況はなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年6月 »