« コメントスパムが迷惑 | トップページ | ジャスコの880円ジーンズ »

10月後半に読んだ本

* きれいになりたい   小森クスコ

加奈は高校生の普通の女の子。友達は沢山居るが、なぜか恋とは縁遠い。ある日、学年一のイケメン君からキスされる。罰ゲームと言われ怒る彼女だが、ライバルの出現や友人の忠告も逆効果、まめで優しい彼に夢中になるが。。彼の裏の顔はとんでもない束縛男だった。暴力までふるわれた彼女は?

恋愛中って、「あなたしか見えない」。友達の意見が聞けた時には、もう冷めている状態。

* 蹴りたい背中   綿矢りさ

陸上部に所属、一見普通の女の子のハツだが、以前からの親友が別のグループの女子と行動しているのに反発、孤立してしまう。自分と同じく実験グループ分けで余ったオタクっぽい男の子を、自分はこいつよりまし、とばかり観察しに家までついて行く。親友からは付き合っていると思われたが、彼を見ていると気になるが、恋愛感情ではなく、同属嫌悪のような複雑な感情が渦巻くハツだった。

それでも、彼女には新しい人間関係を構築する次の一歩だったのでは、と思えました。

* 楽園まで   張間ミカ

ファンタジー。トクマ・ノベルズEdgeの新人賞受賞作品。核の冬を思わせる、雪が降り続ける世界。人類は緩やかに滅びに向かう。世界は教会によって支配されていた。中世の魔女狩りのように、教会のエスパー狩りに遭い、ひたすら逃げる姉弟が主人公。しかも、弟のユキジは親代わりの男が処刑されたショックで心が壊れてしまう。姉のハルカは弟の手を引き、時には心ある大人に助けられ、楽園を探す。だが、彼女たちに教会の「狩人」ルギが追いついてしまった。

サイキックの電撃とかの部分はSFテイスト。

* さよならスナフキン   山崎マキコ

パソコン雑誌掲載の小説。最初の大学で不登校になり、別の大学に入り直した大瀬崎は、新しい大学にもなじめず、両親の不仲で子供の頃からの孤独感を引きずる。自分の居場所を求める彼女は、アルバイトを決意し面接した編集プロの社長に気に入られ、ビシバシ鍛えられ、本の執筆など期待され舞い上がるが。。アルバイトなのに、長時間のサービス残業など体も精神もボロボロ。実は、社長は自分を信頼している訳でなく、単に営利主義&利己的だと気づいた時、彼女は。。

題名は、「ムーミン谷の夏まつり」の、孤児達を世話するはめになったスナフキンが、勘違いで牢屋番に捕まったフィリヨンカさんの留守宅に避難するお話から。心の弱っている時に力強く引っ張って行ってくれる人がいれば、妄信してしまうものかも。

* たゆたいサニーデイズ   村崎友

学園物&ミステリー。2人しかいない弱小部活の合唱部。春休み明けの日、こずえは部活見学ノートにあるはずの無い新入生の名前を発見、先輩の宮本の推理で、校庭の運動部に好きな子がいる女の子が音楽室に入るための口実と落ち着くが。。別の委員会の用事で部室棟に行き、盗難事件・謎の小火が重なり謎が深まる。こずえの楽しくも忙しい高校生活を縦軸に、最後の小火を経て、最初の見学ノートの謎も解ける。

淡い恋愛なども交えつつ、宮本先輩の語る推理が面白い。

* 小生物語   乙一

装丁画の方が木から目が生えていたり数倍恐いのでホラーと思い借りたら。。一応ホームページで載せていた日記のようなエッセイのまとめのよう。そこはホラーが得意な作者のこと、どんどん恐い発想が膨らんで。。赤ちゃんの断末魔が聞こえた後、物音が途絶えたり、デパートや映画館に行くだけで、そこは怪しい犯罪や異次元の入口になってしまいます。「普通の」日記・エッセイ部分では、作者の「おじバカ」の部分が微笑ましい。

* 倒立する塔の殺人   皆川博子

ミステリー。大戦中の女学校、総子は空襲で親を亡くし、小枝の家に身を寄せる。小枝が勤労奉仕の工場で親しくなった隣のミッション系女学院のお姉さまが空襲で亡くなる。居るはずの無かった場所で、しかも身元の判らない死体と共に。終戦を挟んで、2人は一時的に女学院に通うことになり、ある1冊の回し書き小説「倒立する塔の殺人」のノートを手に入れ、推理を働かせストーカーっぽい久仁子を突き止めるが、彼女は犯人なのか?リレー小説と実際の殺人事件が交互に鍵となり、複雑に絡み合う。

忘却は罪なり、がキーワード。なにげない一言でも、聞く立場には一生忘れられない怨みも。

***          ***          ***

10月18日には入笠山へドライブ。

大河原湿原は早かったが、カラマツが黄葉して傾いた陽に金色に輝いて綺麗だった。

Nyuugasayama_aki_091018

あと、10月28日には麻機に行き、風が強くて第一工区では何もいなかったが、
芝原の池の端のところでノビタキの(時期が遅く冬羽でメスタイプ)2羽見られた。

|

« コメントスパムが迷惑 | トップページ | ジャスコの880円ジーンズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月後半に読んだ本:

« コメントスパムが迷惑 | トップページ | ジャスコの880円ジーンズ »