« 九州旅行中に本館に書いた記事+荒崎で見た珍鳥 | トップページ | 2月後半~3月上旬に読んだ本 »

52回目の献血と51回目の結果

2009/02/03に51回目、2009/02/26に52回目の献血したのでメモ。

* 51回目は初めて血小板献血ができた。 

血小板はそんなに保存できないそうで、医療機関からの要請が無い時には、献血前の簡易検査の濃度が足りていても血漿だけの場合もあるとのことだが。。私の場合、呉服町通りで血液ピンチの看板が出ていたら寄るパターンが多いので、単に濃度が足りずに血漿の成分献血になるもよう。

ともかく、たまたま濃度が足りていて、血小板の成分献血。水泳後に行ったせいか体が冷えて血行が今一だったみたいで、血液を戻す時に衝撃が体中に伝わるのが気持ち悪かった。血小板の方が献血そのものだけでも1時間くらい掛かるので、時間のある時でないと。血漿だけなら40分くらい。

成分献血は一旦400mlづつ機械の中に全血を取り込み、血漿や血小板などを抜いて、赤血球などを体に戻すのを3-4回位。雑誌を持ち込もうとしたら、DVDにするよう言われたので、手近にあった「ALWAYS・3丁目の夕日」を。テレビで半分見ていたので早送りしながら全部見た。

途中で腕に当てていたゆたんぽを増強してもらい、ほかほかのまま終了。

記念品は↓の50回記念の時と同じタオルを選択(グラスは50回記念品)。

Kenketukinen_50kai

* 52回目は血漿のみ

今回も血小板ピンチとのことだったが、濃度が足りず血漿のみ。

問診の先生がちょっとピリピリしていて看護師さんに注意してたり、こちらの血圧も上昇。また腕に湯たんぽを当ててもらい献血。DVDは「NANA2」土屋アンナがクール。もう一人の方はバラエティなんかで見ていると違和感が。DVDを見やすいように背もたれを起こし気味にしていたら、頭がぼーっとしてきたので倒してもらう。看護師さんがスポーツドリンクを持ってきてくれる。やはり終わってから計った血圧は90台-60でした。

充分休んで甘いお菓子を食べ、飲み物も飲んで復活。記念品はタオルも同じのになるので洗剤にしました。写すほど変っていなく、紙箱入り粉洗剤の半分よりちょっと少な目の容量のです。

|

« 九州旅行中に本館に書いた記事+荒崎で見た珍鳥 | トップページ | 2月後半~3月上旬に読んだ本 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 52回目の献血と51回目の結果:

« 九州旅行中に本館に書いた記事+荒崎で見た珍鳥 | トップページ | 2月後半~3月上旬に読んだ本 »