« 8月後半に読んだ本 | トップページ | 9月前半に読んだ本 »

田原探鳥会、2007年8月

2007/8/26、田原探鳥会を担当。

朝からほぼ30℃って。。やる気が減退。
しかも家族の出勤日なので朝一番のバスで集合場所へ。眠い。

こちらにもほぼ同じ内容が書いてありますが、本人なので当然。

5人でコンパクトな探鳥会。
でも、古くからの方ばかりで、このメンバーなら私が逆に教えてもらう位の方々で気楽。

今日の車はETCが付いて無いので、静岡-浜松、現金正価で高速代1900円。

太陽が容赦なく照りつけ、中田島のあたりで海に浸かっているサーファーが羨ましい。

Tahara20070826_1_2

知多半島の真ん中の道を走る。今日は探鳥会なので植田の大まんじゅうは無し。
紙田川河口や貯木の辺には結構数は見られましたが、ダイゼンが多く、
シギは数が少なく寂しい限り。それでもキリアイがいました。

Tahara20070826_2

Tahara20070826_3

有名な探鳥地なので、堤防の上で鳥見の遠くのナンバーの車と2台すれ違う。それにしても地元ナンバーの車と出会わないのが珍鳥がいなかったり、数が少ない証拠か?

35℃も越えたようで、照り返しで体感温度は40℃。道の駅めっくんはうすでトイレ休憩がてら冷たいものを飲んだり、ひと休み。スイカやメロンが2,3個づつ、ごろごろ売っていた。すでに終わりごろなので味はどうかな?この日は10時半頃干潮で、しおが引きすぎて鳥が遠く、先に昼食。

味噌煮込みうどんでなく、ファミレスでドリンクバーを付けたり。とにかく暑さに負けました。

ファミレスはジョイフルで、値段は結構安いけれど、「しょうが焼き定食」にしたらご飯がまずかった。ファミレスではその場で少しでも調理する(チンだけでなく焼くとか。)料理を選んだ積もり。しょうが焼きはそこそこ量もあり、うなぎのひつまぶしを頼んだお向かいさんにおすそ分けも。

Tahara20070826_4

昼過ぎてもかなり引いたまま。

Tahara20070826_5

やっと満ちてきて、鳥が近づくと思えば、サーッと潮が満ちてきて、あっというまに干潟が消えていきます。貯木の辺は割合遅くまで残っていたので、ここで探鳥。種類は午前と変化無し。

水の張った休耕田も無く、たんぼのシギが居なかったり、アジサシがいなかったり、鳥の種類も少ない探鳥会でしたが、ホウロクシギなど静岡では少ない大型のシギが見られたのはせめても。キリアイは今年は結構あちこちで出ているようです。

久しぶりに会った人たちと楽しく探鳥会が出来たのでよしとしますか。

|

« 8月後半に読んだ本 | トップページ | 9月前半に読んだ本 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田原探鳥会、2007年8月:

« 8月後半に読んだ本 | トップページ | 9月前半に読んだ本 »